信用できる探偵

信用できる探偵・興信所の選び方

 

インタネット(スマホ)が当たり前の時代になり、インターネットを利用して新しい出会いがカンタンにできるようになったために、浮気をする人も増加し、それに伴い浮気調査を依頼される方も年々増加しています。

 

ですが、探偵や興信所についての情報はメディアで放送されることは少なく、利用する側に知識がないために悪質業者に騙されたりトラブルになるケースも増えており、国民センターに寄せられる件数も毎年増えています。

 

探偵はどの業者も優良業者とは限りません。一部には悪質業者やモラルの低い探偵も存在しているため、探偵を選ぶときは信用できるかどうかをしっかりとチェックしてから契約することがとても大切。

 

当サイトでは、探偵・興信所に浮気調査を依頼するときの注意するポイント・信頼できる業者の選び方などを紹介しているので、浮気調査を依頼されるときは参考にしてください。

探偵事務所とのよくあるトラブル事例

浮気調査を依頼するとき、探偵事務所に調査を依頼するのが一般的ですが、国民生活センターなどにトラブルの相談も寄せられているようです。

 

トラブル事例としては、料金に関するものが最も多いようです。やはりよくあるのが、後から高額な追加料金を請求されたというものです。

 

悪質な探偵事務所は、最初は安い料金を提示してきます。信用がない会社は、料金の安さでアピールをすることがよくあります。しかし、契約書をよく読むと、小さな文字で、追加料金についての記載があったりします。契約をするときには、探偵の言葉を信用し、契約書についてはすみからすみまで読まずにサインをする消費者は多いです。

 

後から高額な料金が請求されるときの理由付けは、会社によってさまざまです。例えば、調査の途中で高額な機器を使用したとか、10時間の調査の約束だったが、証拠がとれそうだったので調査を延長したとか、さまざまな理由をつけて高額な追加料金を請求してきます。

 

あるいは、最初から高額な料金を請求しているが、依頼者がよく比較をしなかったというケースもあるようです。探偵料金の相場は調査員1名1時間あたり1万円程度のところを、よく比較をしなかったために1時間3万円もかかるところと契約をしてしまったとします。

 

さらに、追加料金もどんどんかかってしまい、払えるレベルではなくなったので、泣く泣く調査を打ち切ってしまいました。実は探偵はたいした調査はしておらず、料金を高額にして調査を打ち切らせるのが目的だったということもあります。

 

探偵がどのような調査をしているのか、依頼者はついてまわることができませんから、いいかげんな報告をする悪質な探偵も存在するようです。成功報酬制となっていても安心はできません。「証拠がとれなかったので浮気の事実なし」として成功報酬を請求されるケースもあります。

 

成功報酬制では、成功の定義は必ず確認しておきましょう。

 

成功報酬を採用している探偵と契約するときは、トラブルになりやすいので、本当に信頼できる探偵事務所なのかをしっかりと確認してから契約するようにしましょう。